【PTA】仕事を休んで、PTAの会議に出席

こんにちは。

 今日は、仕事をほとんどせずに、娘の学校へ行って来ました。昨年に続き、今年もクラス委員を引き受けたので、その役員会議でした。
PTAの役員決めは、保護者からみたら憂鬱でしかないと思います。私もそうでした。仕事をしていたら、休みをもらわないといけないし、何かしら仕事も任される。書記なんていったら、パソコンスキルが必要だったりする?と思ってしまったり。年度始めの保護者会は、役員決めがあるので出席者が少ないのも事実です。

なぜ役員をやるのか?

 娘が、学校のことをあまり話さない。手紙もあまりスムーズに出さない。などコミュニケーションがとれていないので、自ら情報をもらいに行く。先生とは、あまりお話をしないけど、他の保護者の方からいろんなお話を聞けるので助かっています。
 あとは、役員決めの時のあの、、「シーーーン」とした雰囲気の中、5分以上我慢できなく、「やります!」と言ってしまうこと。後者の方が気持ち的に大きいですが、2人選出であれば寂しくありません。高校のPTAは、小中学校と違って回数も少なく、それほど負担にはなりません。勿論、本部役員になったら別かもしれませんが、できる範囲でやればそれほど苦にはなりません。同じ年代を持つ保護者の方とお話できるので、心配ごとは相談できます。
進路について詳しかったり、兄弟姉妹で通われていて学校のカラーをよく知っていたりと頼もしい保護者の方が多いです。結構、お話を聞いて勉強させてもらっています。

今回の役目は卒対の役員会議

 娘は今、高校3年生。もうすぐ卒業です。今回、クラス委員を引き受けて、自動的に卒対役員になりました。
卒対=卒業対策の略。卒業に向けての記念品や謝恩会の催しの企画をする役員の集まりになります。今回の会議のメインは、記念品決めと今後のスケジュール決めでした。今回の出席者は7名。(16人中です)
お仕事をしている保護者の方がほとんどなので、先に役員会の日程を決めてしまおうと言うもの。お休みもらうにも急よりは、前もってのほうが良いですものね。時間の都合で、すべて出れなくてもいいので、スケジュールの調節ができますね。全体の半数以上の出席は欲しいな。
 次は、記念品。これは、かなりの苦戦でした。4月から、ゆっくり決めていた商品があったのですが、白紙になりました。本部役員の方がから、「今までの記念品は、こういう考えで○○にしているんですよ。」とお話があり、例年と同じ物になりそうです。この件に関しては、私は疑問をもっています。

何故、疑問なのか?

 例年通りになる。ということは、お取引先も同じということ。確かに、毎年お付き合いがあるのであれば「今年もよろしくお願いします。」で大丈夫だと思います。ただ、今回、話を進めてきてくれていた役員さん。知り合いの百貨店の外商さんといろいろと交渉して探してくれていました。期間も2~3ヶ月くらいです。記念品全体の金額は卒業生全員分なので100万円弱。それを、本部役員さんの希望でなくなってしまいます。今までの私だったら何も思わないかも知れません。今、自分で【メルカリ】や【ヤフオク】で商品を販売している上、売上ってとても大事。まして100万円弱の予定がなくなると思ったら、悲しくてなきそうになります。ビジネスという面で考慮したら、記念品の○○を今まで交渉してくれていた百貨店から購入しようと考えます。出席していた本部役員に、お話をしたら、却下されました。だったら初めから、「記念品は、例年通りに~~なので、こちらで手配してください。」でお願いしてもらいたかったです。という私の意見。だめでしょうか?

【PTA】の会員一人として

PTA=保護者と教職員(児童を含まない)による団体ではあります。やはり、学校側からの伝統には新しい風はなかなか太刀打ちできません。まだ半年ありますが、がんばって活動をしていきたいと思います。また、続きの報告をいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする